自己紹介

自分の写真

高校で一切英語を勉強せず、完全に中卒レベルの英語力から対策をスタート(TOEICハイスコア375点(笑))。2014年夏から社費派遣で米国MBAに留学中。日本から連れてきた愛用枕だけがこの国で唯一の友達。真面目な投稿は諸先輩に任せるとして、このブログでは思ったことをゆるゆる書きます。

2014年11月30日日曜日

TOEFL iBT®完全再現模試

=================
【MBA受験関連投稿】


Ⅰ.MBA受験全般
Ⅳ.出願関連
=================


 なにやらTOEFLの試験会場で受けられる模試がスタートしたようですね。
 
http://www.breakthru.co.jp/toefl-pp/

 しかしこれ、過去の投稿 TOEFL勉強法・戦略④(リーディング(勉強媒体))でも触れましたが、中身は自分で買えるTOEFL iBT® Complete Practice Testのようです。この模試の最大のネックであるスピーキングの採点方法もコンピューター採点のまま。ダミー問題が無いので盗み聞き・原稿作成の練習もできなそうです。

 自分で買って自宅でやれば3,500円くらいなので、8,000円くらい出して会場でやるのが高いか安いかというところでしょうか。複数あるTOEFL iBT® Complete Practice Testのセットの中からランダムで出題されるようなので、TOEFL iBT® Complete Practice Testをやったことがある人は、同じセットを解く羽目になるリスクがありそうです。せめてどのセットを使うのか公表した方がいいんじゃないかと思いますが。


前の投稿(MBA関連):TOEFLのスコアについて
次の投稿(MBA関連):GMAT(GMATと合格可能性について)


0 件のコメント:

コメントを投稿